2010年03月31日

いよいよ「世界樹3」の発売まで1日を切りましたねー

…と、タイトルに書いてみたものの、ちょうど「スパロボW」のシナリオが
クライマックスに向けて盛り上がっているところなので、
こちらを捨てて「世界樹」にスイッチするというのも惜しいところですよ。


ところで「世界樹3」と言えば、発売直前にとんでもない情報が飛び込んできましたねぇ。
2種類の隠し職業に、シリーズ初となる2周目(平たく言えば”つよくてニューゲーム”)の採用…。
今まではシナリオをもう一度楽しもうと思うとデータを消さなくてはいけなかったので、
キャラを引き継いで2周目を遊べるのは嬉しいですね〜。
あと隠し職業の片割れが見るからにロボなのですが、
バリエーションに女性型ロボがいたりはしないんですかねぇ?

…ああいや、私が言いたいのはいかにもアンドロイドな生身っぽい奴ではなく、
「ガオガイガー」の光竜・闇竜や「バーチャロン」のフェイ・イェン、ガラヤカたん等のような
形は女性的だけど見た目ははっきりとメカな奴のことですよ。
個人的にこっちの方がキュンとくるから。

posted by アイオリアP at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

ぶっちゃけ雪見たのって今冬では初めてだ(冬じゃないけど)

もう3月も終わりだと言うのに、仕事帰りに思いっきり雪が降っていましたよ。
すでに桜も咲いているというのに。
ついでに空には月が出ているというのに。

で、こんな乱れ雪月花な風景を写真に収めようと悪戦苦闘したものの、
手持ちの旧式の携帯では全く上手く撮影できず…。
うぬぬ、今日ほどデジカメが欲しいと思った日はないぞ!


「スパロボW」はすでに45話まで来てしまいました。
我ながらありえないペースで進めていると思います。
もっとも、さすがに「世界樹3」発売前にクリアするのは厳しそうですがね。あと2日だし。
ってかこの期に及んでゾディアックとファーマーの外見と名前まだ決めてないやどうしよう。

posted by アイオリアP at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

元祖3Dゲーと言えば「とびだせ大作戦」

どうも、ご無沙汰してます。
黄砂が原因と思われるアレルギー症状に苦しんでいたところに、
風邪の第二波が襲いかかってきて適当に死にかけている今日この頃ですよ。


DSの後継機「ニンテンドー3DS」、来年3月に発売。

未だバリバリの現役機種とは言え、DSも初代の登場から随分と時間が経ったので
後継機の登場はまぁ予想通りと言えますね。
しかし今度は3D映像対応ですか…。
任天堂で3Dというとバーチャルボーイやファミコン3Dシステムを思い出しますが、
不吉にもほどがあるので忘れることにしました。

posted by アイオリアP at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

今週の「みつどもえ」/181卵性「わっしょい!みつマニア」

限定物のブランド品を見せびらかす杉ちゃんとアホみたいに驚く(87卵性の杉ちゃん・談)吉岡。
見慣れたチーム杉崎の日常です。
その様子にムカつきつつ、お菓子をヤケ食いするみっちゃん。よい子は学校におやつを持って来ちゃダメだよ。
こちらも日常の光景ですが…、
おや? 吉岡が何かに気づいたのか、みっちゃんをじーっと見つめています。

そう、みっちゃんがむしゃコラしていたのは埼玉限定まんじゅうポップコーン!
こっちも限定物だから杉ちゃんに負けちゃいないッ!



…って、ひどいよゆきちゃん!!
このコマを見る限りみっちゃんはまだ半袋も食べていないじゃないですか!
こんな量、彼女にとっては腹一分目もいいところ。君はみっちゃんに飢え死にしろと言うのですか!?


吉岡に本気でメタボ化を心配されたみっちゃんは、逆ギレして
同じ限定物でも埼玉県民なら誰でも買える
ローカルネタな十万石ポップコーン(…さすがに本当に売ってはいないよね?)
さっきのように褒め称えろと無理難題をのたまいます。
でもそれに素直に応じてくれる優しさは吉岡ならではですね。
が、
「でもやっぱり杉ちゃんが一番似合うよねー、どんなブランドでも着こなしちゃうというかー」
を、
「でもやっぱりみっちゃんが一番似合うよねー、どんなお菓子も、えっと…一飲みというか…」
…と、人の心をえぐる台詞に改変してしまうのも吉岡ならではです。悪気がないのがかえって質悪いですな。
というか、必死に言葉を選ぼうとしている形跡があるのにあえて「一飲み」を選んでしまうのはどうだろう。
いやまぁ、みっちゃんの食べっぷりにふさわしい表現なのは間違いありませんが。


ただでさえ無い運を使い果たしたのか、珍しくテストで良い点数を取ったみっちゃんは
今度こそ褒め称えよとばかりに吉岡に見せびらかしますが、
当の吉岡は「86点…ってすごいのかな…」と微妙な反応。
まぁ確かに小学校のテストごときだと86点は大してすごくはない気がしますな。
普段65点はナチュラルにアホの子ですが。
ふたばのような漫画的に誇張されたアホじゃない分、かえって駄目っぽいですよね、みっちゃんは。

そんなわけで、「普段65点くらいだからすごい」と大声で反論したばかりに
クラス中に自らのアホをアピールしてしまったみっちゃんは、
「もうあんたには頼まない」と、吉岡に捨て台詞を吐いて走り去って行くのでありました。


彼女が次に目をつけたのは…、ハイ、こういう事を頼める人材は一人しかいませんね。
そう、ふたばです。
彼女に吉岡役となって「わっしょい」しろと命じるみっちゃんですが…、



ふたばにツッコまれるという屈辱!そこまでのアホの子とは…。
大丈夫だよみっちゃん、自分の間違いに気づけているならまだ大丈夫!

みっちゃんの86点を素直に褒め称える1桁点数がデフォルトのふたば。
しかし千葉氏も同じ点数だったのを目にした途端、
「おそろいでラブラブな二人は結ばれる運命」と、勝手に相関図に矢印を引いてしまう
徹底した吉岡役っぷりはさすがなりきりゴッコの大家。
そしてせっかく立ったフラグを自らビリビリに破ってしまう千葉氏。要らないなら私にください。


さて、今度は着ている服をよいしょさせるみっちゃん。
が、ふたばの言った「似合う」をなぜかクラスのみんなが揃って「におう」と誤変換。
どうやらみっちゃんの身体から蒸散される糖分の匂いは誰もが気になっていたようです。
そんなこんなで、6-3総出で「におう」「におう」とみっちゃんをわっしょいした結果…、

異臭騒ぎとして新聞に載ってしまいました。
この顛末に逆ギレするみっちゃんを、吉岡との絆が深く、
彼女のことを一番よく分かっている宮下がでも吉岡の方は髪を下ろした宮下が誰だか分からなかったのは秘密だ!
「彼女は別によいしょしているわけじゃない」と諭します。
その証拠に、ストレートパーマをかけた杉ちゃんを吉岡は「お人形さんみたい」と褒め称えますが…、



呪いの市松人形かよ!!
そんなこと言うと松岡さんが来ちゃいますよ。

だがそんなことよりツッコむべきなのは宮下の台詞ですよ。
「あたしより正直」…って、そもそも宮下に正直者なイメージが無いんですが。
言いにくいこともバッサリなのは認めるけどそれはむしろ空気が読めてないだけのような気が。

とりあえず単行本を読み返して正直者エピソードを探してみたところ…、

・宮下正直者エピソードその1…「あたしも…グリーンとか好きだなっ」(81卵性参照)←グリーンなんていない。
・その2…「三女だって一生懸命やってるんだから!!」(95卵性参照)←消したのはあんただ。
・その3…「相談を…そう、三女から恋愛相談を受けてたんだ!!」(132卵性参照)←でっちあげた上に(ry

うわ駄目だ!(全て対ひとはモード時とはいえ)この人全然正直じゃないよ!
ってか、そもそも自分で自分を正直だと言い切ってしまうこと自体どうかと思います。
まぁ、自分を勝手にプラス評価しているあたりが宮下の宮下たるゆえんなんですけどね!

posted by アイオリアP at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | みつどもえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

乳揺れを録画して堪能できないのが携帯機の構造的欠点よのう

前回は書きそびれましたが、
「スパロボW」ははっきり言ってシステム的には真新しい所は全くありません。
ゲームの骨子は従来のシリーズそのままに、
シナリオやゲームバランスを工夫することでハイレベルな面白さを実現したわけですね。
まさに円熟の境地に達した「スパロボ」と言えるでしょう。
もっとも、個人的にはシステムをガラリと変えることで新たな面白さを模索した「NEO」の方を、
将来性があるという意味でも評価したいと思いますけどね。

さて、その「W」ですが、最近ついにヒロイン(らしき人物)が姿を現しましたよ。
これまでも顔を隠した状態でのスポット参戦はあったのですが、
その際の口調やテーマ曲が可愛らしい感じだったので、彼女の顔出しにはとても期待していました。



↑で、これがそのアリア・アドヴァンス嬢です。



…いや、まぁこの業界、
仲間になった途端、綺麗になるキャラは枚挙にいとまがないので
彼女もそのクチだと信じたいところですよ。
まぁ乳揺れを見れば細かい事はどうでも良くなりますけどね!

posted by アイオリアP at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

まだ前半戦だけどこれはもしかしてシリーズ最高傑作かもしれない

ヤバいです。
DSの「スパロボW」が楽しすぎて止め時が見つからず更新滞りまくりです。

各登場作品の持ち味を活かしつつ、絶妙にクロスオーバーさせたシナリオ。
DSでここまでやるのか…! と、思わせるド派手な戦闘アニメ。
2画面を利用して極力、画面切り替えの手間を省いたインターフェース。
さらに本作ではボスキャラも含めて敵のHPが控えめなので
バンバン落とせて爽快感も抜群…、と、
据え置き機に勝るとも劣らない本格的な「スパロボ」でありながら、
携帯機らしくサクサクお手軽に遊べるという見事な仕上がり具合。
正直、「W」ほど遊んでいてストレスを感じない「スパロボ」は始めてですよ。

…まぁ「ガオガイガー」があらゆる面で優遇されすぎなのがちと気にはなりますが、
(例:ユニット性能反則気味、戦闘アニメのクオリティが異常に良い、原作BGM採用しすぎetc.)
別に他の作品がないがしろにされている訳でも無いのでここは良しとしておきましょう。
…ゲッター以外。
唯一原作の敵が登場しない&TVアニメ版仕様なのに乗機が真・ゲッターのみってどうよ?

posted by アイオリアP at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

今週の「みつどもえ」/180卵性「ホワイトデーアルバム」

杉ちゃんの弟、龍太が初登場したのは62卵性でのこと。
この時、彼はガチレンを通してひとはと知り合い、
そして彼女のどこか影のある雰囲気に惹かれるのでありました。
が、以後は競演することこそ多いものの、彼女に恋する様子が描かれることは
ほとんど無かったため、もしや設定がフェードアウトしたのかと思ってしまいましたが、
今回、久々に”龍太の初恋物語”が描かれることに!

…ああいや、確かに基本的に私はひとは×矢部っち派ではありますが、
年上のお姉さんに憧れる少年の甘酸っぱい恋のエピソードという奴には
ニヨニヨせざるをえないのですよ。71卵性の甘酸っぱさは神。


ホワイトデーの今日、ひとはにお菓子を渡すため6-3の教室にやって来た龍太。
幼いなりに意識しているせいか、ひとはを探して教室内を見回す姿が挙動不審で初々しいですよ。
しかしながら間の悪いことに、ひとはは仮病…もとい、頭痛で学校を休んでいたのでありました。
仕方なく龍太はみっちゃんとふたばに届けて貰おうとお菓子を差し出しますが…、



大変だ! みっちゃんがいたいけな少年に悪戯しようとしている!!
…わけではなく、龍太がいつものようにガチレンゴッコをしに来たと思った2人が
ひとはに代わって怪人役を引き受けたんですね。
しかし普通ならこんな幼稚な遊びには付き合いそうにないみっちゃんが結構乗り気なのが印象的。
曲がりなりにも長女なだけあって、年下の子に対しては案外、面倒見が良いみっちゃんでありました。
まぁこの顔と手つきは完全に別ベクトルの悪役ですけどね。痴女なの?
案の定、貞操の危機を感じた龍太はダッシュで逃走。
さて、杉ちゃん他一名が吹き出したのは龍太を引かせたからか、はたまたみっちゃんが痴女だからか。


みっちゃん達から逃げ出した龍太は矢部っちの元へ。
矢部っちもひとはが休みでガチレン談義ができず寂しかったのか、
龍太が来てくれてとても嬉しそうです。
だがひとはにホワイトデーのお菓子を渡しに来たと聞くと態度が一変!



うん、そりゃ嫁が他の男にチョコを渡していた事を知ったらショックだよね!
バレンタインチョコを貰えるようなモテ男が(たとえ小1でも)気に食わない矢部っち。
しかし、龍太が別にチョコを貰ったわけではないと知ると、
再び嬉々としてガチレン話に花を咲かそうとするのでありました。二重の意味でダメな大人だね!
…もっとも、龍太の場合メグちゃん(66卵性参照)あたりから普通に貰ってそうですが。知らぬが仏…。


さて、先ほどの件で完全に龍太の信用を無くしたみっちゃん達。
矢部っちも彼女たちに頼めばいいと提案するものの、
龍太は勢い余ってお菓子を破壊するふたばと喰らい尽くすみっちゃんを想像して断固否定!
あ〜…、一応、2人の名誉のために言っておくと、
ふたばは最近はめっきり破壊活動を行わなくなりましたし、
みっちゃんもさすがに全部はつまみ食いしないはずです、…多分。

対して、未だガチレンゴッコの事だと思い込んでいるみっちゃん達は、
悪役としての迫力が足りなかったから拒否されたのだと思い(まぁ、ひとはの迫力には誰も敵わないからねぇ)
再び気合いを入れて龍太に襲いかかりますが、
みっちゃんの台詞がよりによって「粉々に噛みくだいてくれよう!!」だったものですから
龍太に食欲獣のレッテルを貼られてさらに引かれる始末。


そんなわけで、
ふたばと食欲獣ミツバ92K(これじゃ特撮というよりマジンガーだ)の魔の手を恐れた龍太は
矢部っちに一緒に丸井家に行ってくれと頼みます。
…いや待て、矢部っちは龍太にとってガチレン仲間である以前に恋敵だったはず。(71卵性・122卵性参照)
その彼に頼むとは、もはやライバルだと見られていないということですか!?
いけません、これはひとは×矢部っち派としてはゆゆしき問題ですよ!
一教師として暖かく見守るのも良いですが、
やはり矢部っちはもっと積極的に打って出るべきだと思います!出番も減り気味だし。

…というか、考えてみたら他に頼めそうな知り合いと言えば、

・杉ちゃん…人選としては問題無いけど、肉親に恋模様を知られるのは恥ずかしいよね!
・吉岡…他人の恋愛について妄想&暴走しまくる彼女に頼むのは危険。
・宮下…ひとはとの相性が悪すぎる。さらに速攻で恋愛相談をバラした前科アリ。
・千葉氏・しんちゃん…サンタとしての面識しか無かった気がする。
・悪い魔女…ホワイトデー終了に全力を尽くします。

…うん、やっぱりたとえ恋敵でも矢部っちが適任でしたね!


それはさておき、
龍太と同行するため校門で彼を待っていた矢部っち。
しかし彼は、横を通り過ぎて行ったチーム杉崎の会話から、
龍太が持っていたお菓子が、
実は杉ちゃんが渡し忘れたバレンタインチョコの代わりに
龍太にプレゼントするため手作りした物であることを知ってしまいます。

生徒思いの矢部っちですから、この事実を聞かなかったことにする事はできません。
無論、杉ちゃんが龍太に内緒で作っていたのに、それを自分がバラしてしまうような真似もできません。
さらに口車でうまく龍太を丸め込むような真似は絶対できません。
結果、何とか龍太にプレゼントを思いとどまらせようとはしてみたものの、
言葉に詰まった矢部っちは龍太に食欲獣の一派と思われ逃げられる羽目に。


丸井家に向かって一人駆け抜ける龍太。
だがそこにふたばと食欲獣ミツバ92K(92Kは彼女の公式体重です)が再び姿を現したッ!
龍太はみっちゃんを押しのけて突破をはかるものの、
相手は6-3の相撲チャンピオン。彼ごときの力ではビクともしません。
…かと思いきや、突然みっちゃんが叫び声を上げて倒れた!(注:ガチレンゴッコですよ)

いきなりの事態に戸惑っている暇もなく、今度はふたばが彼の前に立ち塞がる!
ふたばを止めようと左手をかざして叫ぶ龍太。すると、本当にふたばの動きが止まった!
さらに動こうとしても金縛りにあって動けない様子。(注:ガチレンゴッコですってば)
そこで龍太がかざした手を横に振ると…、



なんと、ふたばがふっとんだ!!(注:ガチレンゴッコで他人の家の壁を破壊してはいけません)
自身の秘めたる力の発動に驚き、打ち震える龍太。
これをきっかけに彼が邪気眼に目覚めたりしないか心配でなりません。


そんな彼らの様子をスーパー帰りのひとはがしっかりと目撃していました。
って、仮病を使って家事をしていたのかこの子は…、なんと健気な…。(ホロリ)
予想外の恋のお相手の出現にテンパってしまったのか、
龍太は「こ…これを喰らえ!!」とひとはにお菓子を投げつけてしまいます。
結果、



毒入りのお菓子を食べたことによりひとは死亡!(注:無論ガチレンゴッコですよ)
しかし龍太に死んだと断言までされるとは、ひとははどれだけ迫真の演技をしたというのか。
さすがはひとは、妥協を許さぬガチレンゴッコの求道者よ…。

posted by アイオリアP at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | みつどもえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。