2010年07月28日

2話まとめてアニメ「みつどもえ」感想

「ルーンファクトリー3」、鋭意プレイ中です。
箱庭ゲーや、やり込み・育成要素が好きな人にはたまらないゲームですねー、コレ。
とりあえず嫁は見た目の第一印象でマリオンを狙っていたのですが、
いつのまにやらダリアさん狙いにシフトしてました。デコは良い物です。

あと主人公が声、性格、性能とあらゆる面で
某借金執事とキャラが被っている気がしてしょうがない。
ついでにどう見ても10代前半のショタっ子ゆえ、
そこらのロリっ娘嫁候補よりも、主人公が結婚することの方に問題がある気がしてしょうがない。


・先週のアニメ「みつどもえ」/第3話「不審者がいっぱい」

今回は原作の26・7・10・11卵性から。
これまでほぼ三つ子と矢部っちだけで成り立っていた世界に
新たに佐藤くん、千葉氏、さっちゃん、草次郎パパの4人が参戦。
また「みつどもえ」のお約束、勘違いから始まる黄金パターンも何気に今回、初登場。
だがそんなことより今回から弱点、というか人間くさい面が表に出てきた分、
愛くるしさが飛躍的にアップしたひとはに注目して戴きたい。
あとさっちゃんの愛くるし残念さにも。


原作26卵性では特にストーリーとは関係なく背景で風邪を引いていたふたばに
エロ素晴らしい風邪の理由が。
そして佐藤くんは変態認定される話が次週に回されたため、
イケメン優等生でいられる期間が原作より長くなりました。まぁ所詮1週間の猶予ですが。


アニメでは最初からおかしな子として覚醒しているさっちゃん。
原作ではひとはのせいで道を踏み外した感がありましたが、
これなら彼女が責任を負う必要はありませんね。いや元々微塵も責任を感じてないけどさ。




ひとはが着替えに持ってきたパンツが明らかにふたばの物でした。
「みつどもえ」ファンにとって、
・みっちゃん=動物パンツ
・ふたば=水玉パンツ
・ひとは=縞パン
なのは今や常識!
水泳の時のひとははテンパっているので間違えてしまったのか。
あとひとはの「手強い相手であった」の言い方が可愛すぎて生きているのが辛い。


原作11卵性ではクラスメートから容赦なく総スカンを食らっていた三つ子ですが、
アニメではそんなに嫌われていないんですよねぇ、彼女達。
要は原作初期の話であっても、キャライメージ自体は現在の物を踏襲しているから
その分、酷い嫌われ方はさせにくいんでしょうね。(三つ子、クラスメート双方共に)
ゆえに、

パパを陥れるふたば。ありえない。おがちんを断罪する加藤さん(47卵性参照)よりありえない

こんな黒歴史も当然、修正されています。

さて、原作とは違い、忘れ物に最初から気づいていたひとは。
しかし宮下の「よし、みんなで探してやろう!」のせいで言うに言えなくなってしまいました。
さすが宮下!
良かれと思ってやった事が必ず裏目に出る!
そこにシビれる! あこがれるゥ!

それにしてもたかが変質者1人のために少なくとも5台のパトカーを動員するとは…。
平和なんだな、この町…。


・今週のアニメ「みつどもえ」/第4話「乳と白パンツと小生」

今回は原作の8・14・18・19卵性から。
ついにふたばの服装がキャミにスパッツという現在のスタイルになる時がやってきました。
そしてみっちゃんはツンデレ良い子なのです。


1話のチクビコールに続き、今回はおっぱいコールが炸裂。ひどい有様です。
紛れもなく6-3は変態学級ですね。というか、6-3って千葉氏以外女性声優さんだよね。深い意味は無いけど。
さらに、



チクビ大量発生。なんかもう色々とひどい有様です。


「パンツなんてそんなに見たいものか…?」と言っていた割に
明らかにパンツに惑わされている佐藤くん。
というかタンスの中身が明らかにみっちゃんの子供パンツオンリーだったのですが
そういう趣味なんですか?そう言えば鼻血吹いてましたよね

ところで三つ子の部屋の前の廊下には…、



幼少時の三つ子が描いたと思しきパパの絵が。
まぁ誰がどれを描いたのかは一目瞭然として、
こんな物は恥ずかしがって速攻で剥がしてしまいそうなみっちゃんが
そのままにしているとは…。今回みたいに友達も来る場所な訳だし。
なんだかんだで内心ではパパへの愛情は当時と変わってないんでしょうねー。微笑ましいなぁ。
画力も当時と変わってないのは微笑ましいでは済まされない気もしますが。


ふたばが持ってきたみっちゃんのパンツが原作より増量されて大変なことに。
佐藤くんは「何枚持ってきてんだ!」ではなく、
むしろみっちゃんに「何枚持ってんだ!」とツッコむべきかと思います。

佐藤くんからパンツの受け取りを拒否され続け、笑顔から涙をこぼすふたばが切ない…。
子供のようにびーびー泣くのは微笑ましいからいいんですけど、
こう切なげに泣かれると来るものがあります。
ふたばにはいつでも元気でバカ無邪気な姿でいてもらいたい。

posted by アイオリアP at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | みつどもえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

久々に箸にも棒にもかからないゲームに出会った気がする

前作、前々作が微妙な出来だったため何気にスルーしていましたが、
「ファイアーエムブレム 新・紋章の謎」の評価はどうやらそんなに悪くはなさそうですね。
まぁ消化の完了していない積みゲーが山積する現状で
「FE」のような時間のかかるゲームを買うのは自殺行為なので
今しばらくは買わずにおくつもりですが。無論いずれは買いますけどね。エムブラーだし。シリーズ全部揃えてるし。


というわけで、今回は件の未消化積みゲーの一つでもある、
以前購入した「おそうじ戦隊くりーんきーぱー」の感想などを。

まずは気になるお色気CGですが、所詮はWiiゆえ、
露出度はPS以上サターン(18禁枠撤廃後)以下といったレベルなので
過剰な期待は禁物です。
まぁそんなことより、その手のCGが本当にただのごほうび画像として
ストーリーとは全くの無関係で出てくるのがいただけませんが。

そしてゲーム内容はパッケージのソフトとして世に出すには寂しすぎるミニゲームであり、
操作をWiiリモ専用にしている意味も特に感じません。
さらにベタな萌えキャラすぎてかえって印象に残らないヒロインと
笑いを取ろうとしてすべった感の強いシナリオが
プレイヤーのモチベーションを見事に削いでくれます。

…と、いっても、まぁミニゲームだと割り切ればそれなりに遊べますし、
クソゲーと断罪するほどひどい欠点や致命的なバグもないため、
かえってネタとしての面白さも無い見事な凡ゲーに仕上がっているのがどうしようもありません。
納得のワゴンセール行きです。

そんなわけで、まぁ特に買う価値の見あたらないゲームではありますが、
とりあえず好きな声優さんが出演していてその声が聞きたい、
なんて理由なら買ってみても良いのではないでしょうか。ワゴンセール前提で。
もっともどうせ買うならキャラやムービーが追加されたPS2版の方がいいかもしれませんけどね。
ソニーチェックで露出度は減ってるらしいけど、元々期待するほどでもないし。


ちなみに一緒に買った「ルーンファクトリー3」は
まだ序盤ながらすでに神ゲーの予感…。
こちらはエンディングまできっちり遊んでしっかり感想を述べたいところです。

posted by アイオリアP at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

先週の「みつどもえ」/195卵性「墓地を見おろす黒い家」

どうも。
まだ体が本調子ではなく、病院通いを続けている身なので
こちらの更新もマイペースでやらせて戴いてます。


突然ですが「みつどもえ」で一番かわいいキャラはさっちゃんだと思うのですよ。
ルックスはもちろんのこと、数珠はともかくおしゃれな服装といい
出るところは出て引っ込むところは引っ込んだ体型といい、
まるで非の打ち所がありません。
6-3美少女ランキング(90卵性参照)に名が挙がるのも当然というべきでしょう。

ああでも一番好きなキャラは飽くまでみっちゃんですよ。
さっちゃんはかわいすぎる分、かえってアレさが目立つのがネックというか。
いやそれでも好きだけど。一番じゃないだけで。



そんなわけで夏と言えば霊の季節。
そう、さっちゃんが調子に乗る季節です。
…が、今回、そんな彼女に何やら問題が発生したようで、
なぜか丸井家に「泊めてほしい」と転がり込んで来ましたが…、

速攻で閉め出しを食らってしまいました。
まぁ私の立場ならこんなかわいい子を泊めないわけがないのですが、
なにしろ彼女はクラス一のおかしな子ですからね。
うかつに家に入れようものならどんな供養エンドが待ち受けていることやら。
あと一人嬉しそうなふたばですが、彼女なら誰が泊まりに来ても喜んでくれそうです。
いや伊藤さんはさすがに駄目かもしんないけど。

それはさておき、



閉め出されてしょんぼりするさっちゃんがかわいすぎます。
ちなみにマイベストさっちゃんは160卵性の猫づかみされるさっちゃん。



傍若無人なようでいて、案外弱いところがさっちゃんの魅力です。


まぁ幸い、供養しに来た訳ではなかったため無事に家に上げてもらえたさっちゃん。
話を聞くと、彼女は親と喧嘩して家出してきたとのこと。
何でも墓地に外泊している事を咎められ、「毎晩霊とイチャイチャしてる」と反論したら
キャンプセットを取り上げられてしまったそうです。
それにしてもさっちゃんの奇行を容認しているぐらいだから
松岡家の親もおかしな人たちなのかと思ってましたが、
なんだ、別に容認してた訳じゃなかったんですね。
ともあれ危険な住職(盗撮疑惑アリ)のいる墓地から彼女を引き離すことができたのは幸いでした。
ついでにさっちゃんが住職の所に泊まらなかったのは本当に幸いでした。危険にもほどがあるから。


さて、その様子を部屋の外から窺っていた草次郎パパは、
「外泊」「イチャイチャ」といったキーワードからさっちゃんを悪い友達ではないかと疑います。
「このままでは我が子が非行の道に…!!」
そう危惧した彼が取った行動とは、何と彼女と直接話して諭すこと。

悪い友達だからといって無下に引き離さず、
また、たとえ余所の子であろうとも正しい道に導こうとする草次郎パパ。
本当に良い親、良い大人じゃないですか。
三つ子が健全…かどうかは置いといて、
優しい良い子に育ったのも彼の教育の賜物なのでしょう。
それだけに見た目の残念さが半端じゃありませんが。さっちゃんとは真逆ですな。


しかし霊の話をしているさっちゃんと異性の話だと思い込んでいるパパとでは
話のすれ違いは避けられないわけで、例によって勘違いが勘違いを呼ぶ
この漫画の黄金パターンになだれ込んで行くわけですが…、



というか君たち、いつものパターンを理解していたんですね。
にもかかわらず誤解を助長してしまうのはある意味、空気を読めているというべきか。
2人が「(霊感とか)ゼロだから!!」「見た目で分かるでしょ!?」と主語を省略して言うものだから、
元イケメンだったパパのプライドを燃え上がらせてしまい、
声をかければ(女の子が)ホイホイ寄ってきた過去の栄光をさっちゃんに話し出す始末。
これにはさっちゃんも「さすが三女さんのお父様」と感心しきり。しかし…、


ひとはが(霊能者として)すごいという話を聞きとがめたパパ。
社交性ゼロの彼女にボーイフレンドなんているわけないとは思いつつも気が気ではありません。
それにしても未だにパパの中でのひとは像は
友達なんていない暗ガールだった頃のままだったのですねぇ。
まぁだからといって娘の事を分かってないと断罪するのは酷な話ではあります。
学校では劇的にキャラが変わったと思えるひとはも
家でのキャラは(ガチレン好きになったりはしているものの)そう変化していませんし、
そもそもひとはは友達が遊びに来た時、
丸井家のお母さん役として客をもてなしていることが多いんですよね。今回もさっちゃんに飲み物出してたし。
これでは家の外での彼女を知らないパパが交友関係の変化に気づかないのも仕方ありません。


話は変わって、



髪を下ろしたさっちゃんは可愛さ2割増しですね。
直後に某謎部隊的変態行為に手を染めてしまうのは果たして残念要素か萌え要素か。

さて、ベッドサイドのガチレンぬいぐるみのことを聞かれ、
口ごもってしまうひとは。
かつて壮絶なカミングアウト(宮下のせいです)をしたひとはといえど、
まだ自分がガチレン好きだと知らない相手には恥ずかしくて語れないようです。
でもそれは仕方のないこと。
オタク趣味は同好の士以外には受け入れられぬもの。
ゆえに普段はそれを隠して生きるのが当たり前のことなのです。
私も充分、オタクの範疇に入る人間ではありますが、
正直、誰彼構わずマニアックな話を語り出す人には引いてしまいますし。
というか完全にさっちゃんのことですよね、コレ↑。

そんなわけで、
「これに霊を降ろしてイチャつくってこと!?」というさっちゃんの解釈をつい肯定してしまうひとは。
5人(の霊)とハーレム状態なひとはを羨むさっちゃんでしたが、
それを耳にしてしまったパパはあまりのショックに一晩中すすり泣き、
朝にはすっかりやつれ果てた姿に…。
そしてパパの泣き声を心霊現象だと思い込んださっちゃんは
それを浄化するまで帰らないと高らかに宣言!
丸井家(ふたば以外)の受難は続くのでありました。
しかしまぁなんですね、誤解が解けないままさっちゃんが居座り続ければ
パパが心労で痩せ細り、ついにはイケメンだったあの頃の体型に戻れるかもしれませんね。


ところで、ひとはも何気にさっちゃんが同じベッドで寝ることを許していたあたり、
なんだかんだで彼女のことを嫌っていないのは確かなようですね。
もしかして一緒にお風呂に入ったりもしたのでしょうか?
非常に気になります。
願わくば単行本かブログでその辺りの話が書き下ろされんことを…。

posted by アイオリアP at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | みつどもえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

ご無沙汰してます

土曜日辺りから体調を壊してしまい、静養のためしばらくネット断ちをしていました。
そんなわけで遅くなりましたが…、


・今週のアニメ「みつどもえ」/第2話「三つ子がとまらない」



アイキャッチでふたばのおっぱい絵の乳首がチクビで隠されていましたが、
これはDVD版で外れたりするのでしょうか。いや外れたからどうって物でもないですけど。


今回は原作の4・5・13・12卵性から。
当たり前のことではありますが、
日付が変わるとちゃんと服装も替わっているのには感心します。
私が子供の頃などは着たきり雀のアニメキャラが多かったからねぇ…。


さて、今回、本編内容が原作と大きく違う所が一ヶ所だけありました。
それは原作13卵性の矢部っちがひとはの手をドアに挟むシーン。
これがなんとアニメでは、矢部っちが自分の手を挟んだ挙げ句、
チクビに噛まれるというふんだりけったりな展開に。

この改編はどういうことでしょう。
原作通り、ひとはを傷つけたから矢部っちを噛んだという流れの方が
ひとはとチクビの絆の深さを表現できていて良いと思うのですが。
人気キャラで見た目も幼いひとはを
痛い目に遭わせるのが忍びなかったから、とも考えられますが
あいにく「みつどもえ」はそんな生やさしい作品ではありません。次回予告で溺死しかけてたし。

ってなわけで、なぜこうなったかを私なりに考えてみたのですが…、


まず原作最初期のひとはは、3卵性で佐藤くんも言っていたように、
三つ子最強=作中最強キャラとして君臨していました。
「ちょっと不思議な」の肩書き通り、謎が深く底知れないイメージも
最強をより印象づけていたことでしょう。
まさにこの頃の彼女は全キャラに10:0がついていたと言っても過言ではありません。

しかしながら件の13卵性の頃には
高所恐怖症、泳げないといった弱点が明らかになっており、
さらに天敵・さっちゃんの出現によって
ひとはのミステリアスかつ最強なイメージは弱められていました。
ゆえに彼女が痛い目に遭っても特に違和感は感じられませんでした。

対してアニメ版では、ひとはは未だ10:0でダイヤグラム1位のキャラであり、
矢部っち(永遠の「みつどもえ」ダイヤグラム最下位)如きに
ダメージを喰らうなどありえなかったのです。

と、まぁ軽く考察をしてはみましたが、よく考えたらこの説は
それなら放送順を変えればいいじゃないかという話になるので
的を射ているとは言い難いですね。ハハ。


ところで現在の「みつどもえ」ダイヤグラムトップは
特に天敵はいないし大して酷い目にも遭わないふたばか吉岡あたりだと思われるのですがどうか。

posted by アイオリアP at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | みつどもえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

今週の「みつどもえ」/194卵性「脂肪遊戯」

大きく開いた口の中に蚊取り線香を入れて使う
夏の風物詩アイテム、蚊遣り豚。
漫画などでは定番の品ですが、実際に使われているところはまず見かけません。
で、そんな蚊遣り豚に例えられてしまったのが、



こちらも夏の風物詩、塩キャラメル味の汗だくみっちゃんです。
ちなみに今回、彼女の甘ったるい汗の染みこんだ枕で
カブトムシが取れるという衝撃の事実が発覚。
どうやら丸井家の蚊遣り豚は蚊を追い払うどころか虫を惹き付けるようです。
きっとみっちゃん本人を吊せばヘラクレスだろうがコーカサスだろうが思いのままですね。

それはそうと、



この角度でみっちゃんの子供パンツが見えないのは物理的にありえないと思いました。


6-3のペット、ハムスターのチクビ。
アニメ第1話でのチクビコールの酷さ(良い意味で)は記憶に新しいところです。
さて、そんな彼ですが、
ひとはが甘やかしてエサを与えすぎたせいですっかり太っていました。
見かねたふたばが「太りすぎッスよ!!」と、
さらにエサを与えようとするひとはを諫めますが…、

「太りすぎ」のキーワードに反応した通りすがりのみっちゃんが
自分の話だと勘違いしてしまいました。
「つい可愛くて甘やかしてしまう」というひとはの発言に
「素直じゃないんだから…」と自分の事を棚に上げてニヘニヘするみっちゃん。
そんな自分の愛されっぷりを杉ちゃん達にも聞かせようとすると…、

ひとはの口から飛び出したのは「あちこちに食べ物隠す」(それは合ってます)とか、
はたまた…、



どういう…って、杉ちゃんはどういう意味だと思ったんですか?
思い人のみっちゃんがあちこちで寝る女だと聞き、顔面蒼白で彼女を問い詰める杉ちゃん。
ところで後ろで顔を赤らめている吉岡さん、
あなたも杉ちゃんと同じ事を想像しましたね。エロ小説デビューしただけのことはあります。
そして極めつけは…、

汗が塩キャラメル味なみっちゃんならきっとチョコレートやレモンジュースを出してくれるはず。汚くなんかないよ!

ダメだったー!やっぱりコレは杉ちゃん的にもダメだったー!
かつてみっちゃんに座薬を挿入した(38卵性参照)杉ちゃんといえど、
さすがにこのプレイはレヴェルが高すぎて受け入れられないようです。


ドン引きしたチーム杉崎はみっちゃんの元を去り、
怒り狂って部屋になだれ込んでみれば実は今までの話は全てチクビのことでしたー!
かくして二重ショックのみっちゃんは、
アイスを食べて心の傷を癒そうとしますが…、

ひとはの買って来たアイスの箱には”カロリー 糖分 脂肪分0”の文字。

そう、普段みっちゃんのことを雌豚呼ばわりしてバカにしているひとはですが、
痩せたいとは思いつつも間食はやめられない(そして暑さにも弱い)彼女のため、
密かに気を使ってくれていたのです。

ひとはの思いに答えるためにも、と、ダイエットへの決意を新たにしたみっちゃん。
同じくひとはのためにダイエットに向かうチクビとともに、
早速ジョギングに励む彼女の姿がそこにありました。


…なんて姉妹愛を確認したところで、



結局すぐにいつもの2人の関係に戻るんですけどね。
挙げ句に杉ちゃん達からは野○ソ疑惑を深められる始末。
そしてチクビはひとはに甘やかされてダイエットにならないのでした。
…って、何気にチクビが一番、今後が心配なことになっている気がするのですが。

posted by アイオリアP at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | みつどもえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

新ハード発売前は積みゲーが増える罠

スミマセン、またしても「みつどもえ」の感想を落としてしまいました。
今週はアニメ版の初回放送日でテンパっていたからということで大目に見てくださいませ〜!


さて、今日は久々にゲームを2本ほど買ってきました。

ルーンファクトリー3(特典無し)

ルーンファクトリー3(特典無し)

  • 出版社/メーカー: マーベラスエンターテイメント
  • メディア: Video Game



お掃除戦隊くりーんきーぱー(通常版)

お掃除戦隊くりーんきーぱー(通常版)

  • 出版社/メーカー: アイディアファクトリー
  • メディア: Video Game



「ルーンファクトリー3」は以前から気になっていたタイトルなので、
3DSが発売されて旧DSのソフトが入手しにくくなる前に確保しておこうと思った次第です。
ところでこのシリーズの原型でもある「牧場物語」(SFC)はVC化されないんですかね?

「くりーんきーぱー」は実質Wii唯一のエロゲーということでネタ的に購入。
まぁ十中八九ダメゲーなんでしょうけど、ワゴンセール品だから大して懐も痛まないし。

そんなわけで、機会があればこれらのレビューも書いてみようと思います。
もっとも、今は「世界樹3」で忙しいので遊ぶヒマはないのですが。(←じゃあなんで買った)

posted by アイオリアP at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

今週のアニメ「みつどもえ」・追記そして復活のいおりん



性転換矢部っち。アリすぎる。
と、いうわけで、昨日書ききれなかったことなどをつらつらと。




みっちゃんのサドガール演出にひと役買ったボーダーの少年。
原作ではみっちゃんの”支配していないのに支配者気取り”という属性が早々に確定したせいか、
キャラの濃さに反して実は1卵性と1巻の裏表紙にしか出ていない彼ですが…、



アニメでは椅子にされて悦ぶ真性Mになってました。
なるほど、本人の性癖なら支配しているか否かは関係ない!
彼の出番も安泰です。
それと画面奥の張り紙に注目。



「女の子は男の子にやさしくしましょう 男子より

…泣けてきます。
でも最も女子からやさしくされているであろうイケメン佐藤くんの惨状を見る限り、
どう転んでも6-3男子が救われる道は無いと思われます。

しかし、6-3女子の本質を見抜いたこのような張り紙が
4月の初めの時点ですでに張られていることを考えると、
多くの小学校がそうであるように、鴨小もクラス替えは2年に1度なのでしょう。つまり現メンバーは2年目。
なのに担任が替わっているということは…。やはり逃げたか、前任者。


ところで張り紙と言えば、



教室の後ろに張ってある習字の”久保田”がとても気になります。
6-1の久保田くん(144卵性参照)と何か関係が?
…というか、そもそも久保田くんとさっちゃんの仲はあれからどうなったのでしょう?
まさか「みんなにも見えてるみたいだからもういいや!」と振られたりはしてないですよね…?
いや、友達に無視される寂しさを知った今の彼女ならそんなことはしないはず!

さっちゃんは「みつどもえ」で私の好きなキャラベスト5に入る子ではありますが、
久保田くんの恋は全力で応援したいです。というかアニメの話じゃねぇ!


さて、原作とは違い、アニメのふたばは童貞の意味を知りませんでした。
しかし問題はそこではありません。
ふたばに意味を問われた際のみっちゃんの回答は明らかに的を射ないものでした。
と、いうことは、
実はみっちゃんも意味をよく知らずに
矢部っちを「童貞」と呼んでいたのではないでしょうか?

…無論、お子ちゃまなふたばに配慮してはぐらかした、という可能性もあります。
しかし、こちらをご覧ください。



朝チュンについて語るみっちゃん。メッチャ照れてます。
そう、みっちゃんだってやっぱり”そういうこと”を口に出すのは恥ずかしいんです!
もし本当に意味が分かっているのなら、改めて問われると照れて挙動不審になるハズ!
アニメのようなあっさりした反応にはなり得ないのです。

これで合点がいきました。
みっちゃんが恥ずかしげもなくひわいな単語を口にするのも、
豚と言われて「雌をつけなさいよ!!」(114卵性参照)
わざわざ余計に体裁の悪い単語に訂正させるのも、実は正しい意味を知らずにいたから!

と、なると、期待されるのは真実に気づいたときのみっちゃんの反応ですよ!
これまで何の気なしに口にしてきた言葉の意味を知り、
過去の発言を思い返して恥ずかしさに身悶えするみっちゃん…。
杉ちゃん、ハイビジョン撮影の用意!!できれば3Dで!!


話は変わりまして、

・「アイドルマスター2」、Xbox360にて発売決定!公式サイトへ

「SP」に力を入れている現状から鑑みても、続編は「PS3」の線が有力…、
…と、思っていたのですが、まさかのXbox360続投とは!
「テイルズ」等のおかげでファンを大事にしないイメージがあったバンナムですが、正直、見直した!

気になるアイドル勢も前作のキャラは全員続投、
さらに亜美・真美も別キャラ扱いとなった上、「SP」のライバルキャラもプロデュース可能と、
これまでユーザーが待ち望んでいたものが一気に現実になった形です。

また前作より1歳、年を取ったという設定ゆえに
中には見た目が大きく変わったキャラもいるようで…、
成長した真美の横ポニテ…、良いッスね!
そして何より我らがいおりん。髪型も服装もすっかり大人っぽくなっちゃって…。
でもうさちゃんは卒業していないあたり、
単に背伸びをしているだけって感じがして微笑ましいですね。惜しむらくはPVでの出番が少ない事か。

…と、喜びの言葉ばかり述べてはみたものの、
正直、またDLCで搾取されるのかと思うと気が滅入りますなぁ…。
…いや、DLしなけりゃいい、なんてことは重々承知なのよ。分かっていてもバンナムの策略に乗ってしまうんだよォ〜!!

posted by アイオリアP at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | みつどもえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。