2010年06月15日

何気にラノベを読み始めたのは妹の影響だった私

「スレイヤーズすぺしゃる」以来、全く読んでいなかったラノベを久々に購入。
ちなみに上のタイトル(ラノベ界最長老)ではいつから読んでいないのかさっぱり分からないのはツッコミ所です。
買ったのは先頃アニメ化も決定したばかりの
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(既刊6巻)
まぁ妹萌え属性持ちとしては避けては通れない道でしょう。
…え?
リアル妹がいるのに妹属性持ちなのはおかしいですって?
フィクションと現実を混同してはいけませんよ。

さて、話の大筋は主人公の京介が妹・桐乃のオタク趣味を知ってしまったことで
様々なトラブルに巻き込まれるものの、
その結果、冷め切っていた妹との関係が改善されて行く…、というものですが、
巻が進むごとに主人公周辺のハーレム化が進行している気がするのはいただけないと思います。
まぁその人間関係の広がりが面白いわけでもあるのだけど。
ってか京介と地味子のキャラが浩之ちゃんとあかり過ぎて笑った。

あと3巻219ページの黒猫の台詞は実際に妹を持つ身としていたく共感したと言っておきましょう。


新型Xbox360、6月24日に電撃発売。

HDD容量が20GBしかなく、HDMI端子もついていない
手元の本体に不満を持ちながらも、
いつかコンパクトになった新型機が発売されると信じて
エリートを買わずにいた甲斐がありましたよ。
もっとも今は特に遊びたいゲームがない、というかDSのゲームだけで手一杯なので
しばらくは買わないと思いますけどねー。

あとPS3のアレほどじゃないけどやっぱりWiiの二番煎じなKinectはどうでもいいです。
こういうのが流行るとまた色々なゲームソフトメーカーが苦しむことになるだろうし…。



posted by アイオリアP at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。