2011年05月11日

今さらながら自分とノベマスとの出会いについて語ってみた

私は伊織が好きです。

それもアケマス稼働前の紹介記事で一目惚れしたのがきっかけという、
そんじょそこらのにわかファンとは一線を画す、筋金入りの伊織派ですよ!
…いや、まぁ私が言いたいのは
自分はそれだけ年季の入った(年季だけ、ともいう)アイマスファンだ、ということで、
「伊織が大好きだ!」という話は別に今回は関係ないのですが。

…で、そんなアイマスファン歴の長い私ですが、ことニコマス歴となると、
初めて見たのが去年の春頃と、遅参もいいところだったり。
元々、私は動画サイトに興味が無かったので、当然ニコマスに出会う機会も無かったわけです。


…状況が変わったのはほんの気まぐれからでした。
主に漫画のレビュー目当てに巡回していた「野望のからくり屋敷」というサイト。
こちらで紹介されていた動画「GONGのマキバオー」を何気なく見た時、電撃が走りました。
世の中にはこれほど熱く、感動できる動画があるのかと…!


それ以来、私はニコニコ動画に入り浸り始め、アニメのMAD作品を中心に
様々な動画を貪るように見ました。
その過程でニコマス動画とも出会うことになるワケですが、ことノベマスに関しては、

「二次創作ノベを書きたいならSSで済むものを、わざわざ動画にするなんて…バカバカしい。
だいたい好きなタイミングで読み進められないとか致命的じゃね?」

…と、考え、最初は食わず嫌いしていました。
が、こちらもほんの気まぐれでとある動画(どの動画かは忘れましたが、確か瑞Pの作品だったはず)を見た結果、
「映像があるとはかくも素晴らしい物か! SSで済むとか思ってごめんなさい!」と反省し、
やはり貪るようにノベマスを見まくったのでありました。


ちなみに私が途中で放置していた「アイマスDS」をオールクリアしたのは
ネタバレを恐れずにDS系ノベマスを見られるようになるためであり、
そういう意味ではノベマスは積みゲー消化にも一役買ったと言えるでしょう。
だがそれ以上に多くの積みゲーを生み出す要因にもなっているのはヒミツだ!


以上が、私とノベマスとの出会いについての全てです。
…え? 自分でもノベマスを作るようになった理由?
ノベマスが大好きで、そこにツールと素材と妄想があった…。それで充分でしょう?



posted by アイオリアP at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作ノベマス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。