2011年07月04日

PがなくともDS組は育つ

私が「アイマス」というゲームでどうしても納得いかない事の一つとして、
アイドルが例外なくPに惚れてしまうという点が挙げられます。

…いや、結局のところ「アイマス」もギャルゲーなわけですし、
そこを否定しちゃ駄目なのは分かります。
しかし、考えてもみてください。
小・中学生にも平気でπタッチを仕掛けるような変態紳士に、
大切なアイドルの人生を預けることなどできましょうか? いや、できるはずがないッ!!
…うん、Pにπタッチさせたのはプレイヤーである自分自身なんだけどね。

まぁ、あれですよ、私としてはアイドルの皆さんには、いずれPから巣立って
自らの足でアイドル道を邁進して頂きたいと、そう思うのですよ。

あ、でも律っちゃんの場合、Pは仕事上の、そして人生のパートナーという印象が強いので
いくらでも一緒になって頂いて結構です。むしろ一緒になれ。

そんな話と関連して…いるかは微妙ですが、
今回、最初に紹介するのは以前紹介した作品の続編に当たるこちらの動画です。


・[アイドルマスター]俺と真 僕と敬介 〜敬介奮闘記〜第二話 [novelsm@ster]


はにわんP:作

真と彼女の幼なじみの敬介、そしてJupiterが絡む恋愛系ノベマスという、
ある意味タブーに触れたとも言える動画の続編です。

ファンの中には、アイドルにP以外の男の影がチラついただけで
拒否反応を示される方もいらっしゃるようですし、まぁその気持ちも分からなくはないのですが、
そのために新たな物語の芽や、キャラが深まる可能性を潰してしまうのは勿体ないと思うのです。
アイドルだって等身大の女の子なんですから、
同級生に恋してみたり、他のアイドルに憧れてみたりしたっていいじゃない。

…もっとも、この作品の場合は、同級生や他のアイドルが真に憧れているというのが正しいのですが。

ちなみに私が涼ちんカップリング物を推すのも、アイドル達にはPではなく、
もっと年の近い男の子と恋愛して欲しいという思いがあるからなのですよ。
いや、単純に涼ちんが好きだからってのも大きいけど。



さて、ここからは通常営業の動画紹介です。


・【NovelsM@ster】「片思い」【秋月律子】


hR2氏:作

自らの担当プロデューサーに思いを寄せながらも、それを伝えられずにいる律子。
…しかし、雪歩の「――真ちゃん、律子さんのプロデューサーのこと、好きなのかな――」
という爆弾発言をきっかけに、事態は大きく動き出すことに。
処女作で35分オーバーと、いささか取っつきづらさは感じますが、
作中で描かれる、恋する乙女な可愛い律子にはそれを補って余りある魅力があるのではないかと。
それはさておき、律っちゃんがPの秘蔵写真でナニをしていたかについては詳しく知りたいところです。

・【アイドルマスター】二人の思い出 第4話【( ・∀・)つ⌒∞┃】


ボン太くんP:作

前回から7ヶ月の時を経て、ついに”二人の思い出”が帰ってまいりました!
悪徳さんのアドバイスをきっかけに、765プロの密着取材を決意した善永さん。
そんな折、春香は偶然の出会いから、トップアイドル三浦あずさと舞台で共演することに…。
まるで映画を見ているかと錯覚するような、ノベマス界最高峰の演出力と映像美は今作でも健在です。
これはさすがに一生かかっても真似できないだろうなぁ…。


・【魔王エンジェル】立ち絵をつくり直してみた


ギャオスP:作

魔王、レッドショルダー、藪下さん等の立ち絵を制作、配布されている
ギャオスPの新作立ち絵紹介動画です。さて、今回は、な、なんと、



子供時代の伊織と麗華様きた! これで勝つる!

普通に幼い日の二人を描くもよし。あるいは二人の娘という設定で未来の話を描くもよし。
とにかく、この立ち絵のおかげで妄想創作の幅が広がることは間違いありません!
ああ、配布される日が待ち遠しい!!



posted by アイオリアP at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ノベマス感想・紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。