2010年02月10日

日曜・祝日が待ち遠しいのは学生時代だけ

そういえば明日は祝日だからチャンピオンは今日発売だったんですね。
たまたま仕事帰りに本屋に寄ったから気づけたものの、
危うくうっかり買い逃すところでしたよ。
そもそも明日も普通に仕事だから祝日という感覚が無いんですよねぇ。
社会人はつらいよ。

…それはそうと、今週の「みつどもえ」はもしかして
ニットの日(2月10日)に合わせてあのネタだったのでしょうかね?


「斬撃のレギンレイヴ」を明日に控え、
今のうちに「スパロボNEO」を1話でも先に進めておこうと
目下、総力を挙げてプレイ中。
とりあえず現時点で20話までクリアしました。



一応エルドラン系だけど、事実上「スパロボ」の
半オリジナルロボとも言えるダイテイオーが仲間に。
なにげにメインパイロットの声優さんが「アイマスDS」の涼ちんの中の人だ!

…でもこの機体、3人もパイロットがいる割に
サポート系の精神コマンドを使える奴が1人もいないので
すこぶる使い勝手が悪いです。
ゲッターチームか君らは。



posted by アイオリアP at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

「スパロボ」オリジナルロボと言えばゴテゴテした装飾がお約束ですが



リバリス・ムイラブ。
「スパロボNEO」のオリジナル系敵組織、”エルンスト機関”の戦闘部隊隊長。
「エルガイム」のギャブレーと「ガンダムZZ」前半のマシュマーを足して
2で割ったような性格のキャラで、足して2で割っても大して変わらない? いや、ごもっとも。
要するにギャグ担当だけど一応ライバルと言えなくもない…、かな?
ってな位置づけの人ですが、



愛機はこんなんです。

…いや、まぁ確かに「リューナイト」や「ラムネ」がメインの世界観だから
こういうメカになるのは分からんでもないですが、
パイロットが普通に「スパロボ」キャラの顔をしてるので違和感ありまくりです。
なぜかテーマ曲が無駄に熱いし。

だがあえてこれを採用したスタッフの思い切りの良さは賞賛に値するッ!!(そうか?)


「NEO」本編ではダ・サイダー&クイーンサイダロンが仲間になったので早速フル改造。
もっとも、今回は改造による能力値の上がり幅が小さいので
フル改造しても実際、それほど強くなった感じはしなかったり。フル改造ボーナスも微妙だし。

まぁ言い換えればこれは改造による差が出にくい分、
無改造でもゲームを進めやすいということですし、
また、好きなロボに資金をつぎ込みやすいということでもあるので
一概に悪いとは言えないんですけどね。

posted by アイオリアP at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

黒パッケージがエロス方面でも増えると良いと思ったのは多分私だけではない

このインタビューを読んでから「斬撃のREGINLEIV」が
気になり始めた今日この頃。
文面から伝わってくるゲームの面白さや作り込みの凄さはもちろんのこと、
初心者でも充分、爽快感を楽しめそうなところが
3Dアクションゲームが苦手な私の心に響いて来ましたよ!

本格的にWiiリモを振って遊ぶゲームはよく考えたら持っていなかったので、
せっかくだからこのソフトを買ってみるのもいいかもですね。
ファイアーエムブラー的に北欧神話とは相性が良いですし。レギンレイヴってエフラムの初期装備だよ!

とりあえず発売日の11日までに「NEO」を終わらせるのは…、
ごめんなさい絶対無理です。だってまだ10話代だし…。

posted by アイオリアP at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

声優ネタは「スパロボ」のお家芸



「獸神ライガー」の大牙剣(CV:田中真弓)に
”勇者の剣”っぽいアイテムを売りつけようとするカッツェさん。龍神丸ーっ!!
ちなみに「ゴウザウラー」のエリー(CV:林原めぐみ)には
”魔血玉”(デモン・ブラッド)っぽいアイテムを勧めてました。いやそこはぺったん手裏剣じゃないのか。


さて、昨日の「NEO」感想では
肝心の3Dポリゴン戦闘シーンについて全く語っていなかったので、
改めて今から語らせていただきますよ。

まずユニットの造形ですが、
これまでの3D作品では、ガンダム系MSの出来は良いものの、
その他のユニット、特に線の少ない昔のスーパー系ロボットなどは
微妙な出来な事が多かったです。
残念ながらその傾向は「NEO」でも変わっていませんでした。
特に今回はガンダム系がゴッドガンダム1体しかいないから…。

また戦闘シーンは、マップ自体がフルポリゴンなのを利用して、
マップ上でそのまま行われるようになりました。
が、そのせいか戦闘時の演出やカメラワークが過去の3D作品より
地味になっているのが残念です。
まぁ必殺技使用時は専用のフィールドに移動するため
派手な演出が見られるのですが、
それも諸々の名作3Dポリゴンゲームと比べるとまだまだ動きが無いと言わざるをえません。

結局のところ、3D戦闘は「GC」、「XO」の時と比べても
特に成長は見られなかったというのが実情です。やはり「スパロボ」は2Dの方が…。
まぁスタッフがまだ3Dに慣れていないだけで、伸びしろは充分にあるとは思いますけどね。

それにしても3Dスパロボ4作品(DC版「α」、「GC」、「XO」、「NEO」)を
全てプレイしている私って何気に凄いんじゃないかとふと思った。

posted by アイオリアP at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

「スパロボNEO」のゲーム性はもっと評価されるべき



ダ・サイダーのダジャレは「スパロボ」でも絶好調だぜ!

そんなわけで、予告通り「スーパーロボット大戦NEO」の
序盤をプレイした感想を述べていきますよ。
まぁシナリオについての具体的な感想はクリア後ということにして、
今回はこれまでの「スパロボ」とはガラリと変わった
システム周りを中心に語ろうかと思います。


・マス目の廃止とユニットサイズのマップへの反映

まず、一見してこれまでの「スパロボ」と違うと分かるのがこのシステム。
マップ上のマス目が廃止され、好きな場所にユニットを置けるようになりました。


移動力の範囲内ならどこにでも配置可能。

さらに、旧作では微妙に影の薄かったユニットサイズの差ですが、
本作ではサイズによってマップ上のスペースを占める割合が違うため、
大きいユニットほど障害物や段差や他のユニットに引っかかって移動や配置が困難に。
無論、大型ユニットはただ不利なだけでなく、
その分、攻撃や援護の範囲が広いというメリットもあります。


・敵を囲めば囲むほど有利になる「包囲攻撃システム」

敵ユニットに隣接するように味方ユニットを配置していくと
その分、攻撃力と命中率が上昇して行きます。
おかげで敵が残り1体とかになった場合、恐ろしい集団リンチが発生することに(笑)。
もちろん敵に囲まれた場合にも同じことが言えるため、
敵が多いor味方が少ないマップでは取り囲まれないよう細心の注意を払わねばなりません。


6機で取り囲んで攻撃力2倍&命中率1.5倍!

…ただ、このシステムの活用を意識してか、
序盤からボス級ユニットのHPがバカ高く設定されているのは
悪い意味でやっぱり「スパロボ」なんだなぁ、と思ってしまいますね。


・精神コマンド周りのシステムは完全に一新

最も他の「スパロボ」と異なっているのが精神コマンドの扱いです。
まずSP自体が、気力と同じように
「最初は少ないがターン経過や戦闘時の行動により増加」するという物に。
そのためSPは後半に備えて温存するより、
むしろ遠慮無くバンバン使った方が効率が良くなっています。

さらに精神コマンドも、以前は行動開始時にしか使えなかったのが、
本作では行動終了後はおろか、敵のターンにすら使えるようになりました。
おかげで気力を上げたいユニットに近づいて「激励」や
ボスの攻撃にピンポイントで「閃き」が可能など、
これまで精神コマンドに抱いていた不満も一気に解消されました。


・武器の1つ1つに特殊効果が付随

本作では機体やパイロットの特殊能力に加え、
それぞれの武器にも特殊効果が設定されています。
例を挙げると、

・攻撃後に残った移動力でもう1度動ける「ヒット&アウェイ」
・命中後、さらに一定の確率で追加ダメージを与えることがある「ファイア」
・相手の援護防御をキャンセルして攻撃できる「ロックオン」

…などなど。
それ故、武器の使い分けが今までにもまして重要に。


空中の敵に無類の強さを発揮する「対空」の効果を持つルストハリケーン。


・戦艦から全てのユニットが出撃可能

これまでのシリーズではマップの最初に出撃するユニットを選択する…、という形でしたが、
本作では全ての味方ユニットが戦艦に搭載されており、
出撃可能数の範囲内なら自由にユニットを入れ替えることが可能です。
しかも搭載時の気力低下や、発進時に精神コマンドを使えない等のデメリットも一切無し!
おかげで戦艦の運用法次第で、戦術の立て方にかなり幅が出るように。


これらの自由度の高い新システムのおかげで
他の「スパロボ」に比べ、「NEO」はゲームとしての面白さが際立っています。
また、シナリオ面においても、
ガンダム系が中心の人類同士の戦争を描いた物から
魔王や邪神やドラゴンといったファンタジーな連中を相手にする
勧善懲悪な物へと変わったのが、少々子供だましと感じるところはあるものの、
マンネリ化の激しかった「スパロボ」のシナリオ傾向に風穴を開けたという意味で評価したいですね。


…と、まぁ、タイトル通り新しいスパロボの形を示した「スパロボNEO」ですが、
もちろん不満が無い訳ではないです。

例えばソフトリセット機能がついていないので、ゲームをやり直そうとすると
いちいち制作会社のロゴや版権元の会社紹介(飛ばせない)を見せられる羽目に。
元々リセットが多くなりがちなゲームなだけにこれはいただけません。

また、戦闘シーンではボイスをはっきりと聞かせるためか
BGMのボリュームが小さくなるのですが、
皮肉なことに本作のBGMは「サントラが出たら速攻で買うよ!」と言えるほど
出来が良いため、これがかえって残念な仕様になってしまってます。

そして本作では敵の所有武器の性能や種類が見られないため、
前述の武器の特殊効果などは「食らって覚えろ」という漢仕様。
まぁこれはある意味リアルと言えなくもないですが…。

最後にカットインのグラフィックが妙に荒いのも気にかかるところです。
乳揺れも無いみたいだし。



でもパッフィーのカットインはエロいと思います。
…って、今まで真面目に語ってきたのに結局オチはこれかい!

posted by アイオリアP at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

ファンタジーロボット大戦に可能性を見た

先々週買った「スパロボNEO」は
1日に1話クリアするかしないかのスローペースではありますが
着実に先に進めてますよ。
現在、12話までクリアしたところです。

とりあえずここまでプレイしての感想は明日にでもアップする予定ですが、
一言だけ言わせていただくと、
本作は「スパロボ」シリーズの新しい道を切り開く作品だと断言します!
今回のシステムやシナリオを決して異色作というだけで済まして欲しくないですよ。


・アニメ「けいおん!」第2期、4月から放送開始!公式サイトへ

正直、第二期は今秋か、あるいはそれ以降ではないかと思っていたので
予想外の早さに驚きました。
何にせよあと三ヶ月足らずでまたりっちゃんに会えると思うと嬉しくてたまりません!
とりあえず律ムギのたんこぶ話は是非ともやっていただきたい。

posted by アイオリアP at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

大作重視のゲームマスコミにドロップキック

KABUさんのサイト「KABUのプレハブ」で
2009年ベストゲームランキングがついに発表されました。
毎年の事ながらその内容はまぁ、なんというか…、
ひどい有様です。(←ほめ言葉)

…いや、確かに隠れた名作がランクインしていたりもするので
決してネタランキングという訳じゃないですよ、念のため。だいたい悪いのは魔界村とかだし!

それにしても、訳の分からないゲームにも
キチンとコメントをつけておられるKABUさんの努力には頭が下がります。


関係ないけど、
今週の「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」のアローンを見て
「FE聖魔」のエフラムルート版リオンを思い出しました。

posted by アイオリアP at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。